086-230-3806

営業時間:
10:00~18:00
定休日:
土曜日、日曜日、祝日

岡山の不動産売却|らんすけ > 株式会社 PLAYOUT DESIGN 本店のスタッフブログ一覧 > パワーカップルの定義とは?マンション購入時の注意点をご紹介

パワーカップルの定義とは?マンション購入時の注意点をご紹介

≪ 前へ|空室対策にペット可物件へリフォーム!おすすめ箇所・注意点もご紹介!   記事一覧   不動産売却の譲渡損失とは?利用できる特例と確定申告の流れもご紹介|次へ ≫

パワーカップルの定義とは?マンション購入時の注意点をご紹介

パワーカップルの定義とは?マンション購入時の注意点をご紹介

パワーカップルと呼ばれる夫婦の場合、購入できるマンションのグレードも高い傾向にあります。
しかし、高い収入がある世帯だからこそ、マンション購入時にはいくつかのポイントに注意しなければなりません。
今回は、パワーカップルとは何か、パワーカップルがマンションを購入する際に住宅ローンを組む方法や注意点についてご紹介します。

パワーカップルとは?

パワーカップルとは、夫婦ともに働いており、両者がそれぞれ高い収入を獲得しているカップルのことです。
パワーカップルと呼ばれる年収には明確な定義がありませんが、世帯年収が1,000万円あるいは1,400万円を越す夫婦を指すことが一般的です。
ただし、夫婦共働きが前提となるため、片方が専業主婦あるいは専業主夫で収入がない場合はパワーカップルとは言いません。
年収が高いほど住宅ローンの借入額が多くなるため、マンションの購入価格も高くなる傾向があります。
ただし、マンションを購入する際は購入価格だけでなく、さまざまな条件に注意する必要があります。

▼この記事も読まれています
定年後に住宅ローンが払えないとどうなるのか?その対処法などをご紹介

パワーカップルがマンション購入のために住宅ローンを組む方法

共働きかつ双方が高収入を得ている夫婦の場合、住宅ローンを組む方法は3つあります。
まず、片方が住宅ローンを借り、もう一方が債務者自身を返済できなくなった際に備え、連帯保証人になる方法です。
債務者自身の返済が滞らない限り、連帯保証人に返済の義務は発生しませんが、もしもの場合は連帯保証人が債務を返済します。
次に、夫婦両方の名義で1つのローンを借り、双方が返済の義務を負う連帯債務の方法です。
ただし、団体信用生命保険に入るのは夫婦の片方のみであるため、注意が必要です。
その他にも、夫婦がそれぞれの名義でまったく別のローンを組むペアローンも存在します。

▼この記事も読まれています
不動産購入のおおまかな流れとは?注意点・内覧についてご紹介!

パワーカップルがマンションを購入する際の注意点

現時点で世帯年収が高いパワーカップルの場合、購入物件も価格の高いものを選ぶ傾向があります。
しかし、マンションを購入する際の注意点として、将来的に夫婦どちらかの収入がなくなる可能性も考慮に入れるべきです。
片方の収入が途絶えて住宅ローンの返済が滞ると、せっかく購入した物件を手放さなければなりません。
離婚の際は購入した物件をどちらが所有するか、住宅ローンの支払いをどうするかの話し合いが必要になります。
場合によっては弁護士など、お互いの代理人を交えて交渉する必要があります。
さらに、将来子どもが生まれて家族の人数が増える可能性も考慮し、間取りは慎重に検討することが重要です。

▼この記事も読まれています
不動産売却時の媒介契約は?契約の種類からメリット・デメリットまでご紹介

まとめ

夫婦ともに働いており年収が高いパワーカップルは、さまざまな形で住宅ローンを組んでマンションを購入できます。
マンションを購入する際は、どちらかの収入がなくなる可能性や離婚の可能性も視野に入れておいたほうが良いです。
また、出産によって家族の人数が変化する可能性もあるため、間取りも考慮することが大切です。
岡山の不動産売却なら、らんすけがサポートいたします。
丁寧でスピーディーな対応を心掛けており、お客様にご安心いただけるご提案が可能です。
ぜひお気軽にお問い合わせください。


≪ 前へ|空室対策にペット可物件へリフォーム!おすすめ箇所・注意点もご紹介!   記事一覧   不動産売却の譲渡損失とは?利用できる特例と確定申告の流れもご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • お問い合わせ
  • スタッフ紹介
  • スタッフブログ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • LINEで物件探し
  • Instagram
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社 PLAYOUT DESIGN 本店
    • 〒703-8292
    • 岡山県岡山市中区中納言町7−34
      サンジェルマン中納言1F
    • TEL/086-230-3806
    • FAX/086-230-3804
    • 岡山県知事 (1) 第006008号
  • Twitter
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 物件掲載中!「いえらぶポータル」
  • 仲介会社向けサイト
  • いえらぶBB

トップへ戻る